写真は、フィボナッチ音叉セットを上から撮影したものです。

音叉が立ててある木の土台は、螺旋状になっています。

この螺旋は、フィボナッチ数列で作られるこの世でもっとも美しい螺旋言われているものです。

この螺旋は自然界でよくみられます。

例えば、

松ぼっくりをよく見ると螺旋になっていますし、ひまわりの種もそうですね。

台風の雲の形も渦巻の螺旋です。

螺旋状に動いていくエネルギーは、トルネードのよう

フィボナッチ音叉プロセスヒーリングは、9本のフィボナッチ数列のオクターブで作られた音叉を奇経八脈にあてて行っていきます。

奇経八脈とは、身体の中に流れる大きな八本の氣の河と思ってください。


このヒーリングの特性は、

・時空を超える無限の領域までも癒しを届ける。

・肉体のヒーリング調整にも効果がある。

・意図した未来へと向かっていくエネルギーが動いていく。

大きなエネルギーが動きます

このヒーリングの特長は、

螺旋状にエネルギーが動きながら時空を超えて生命の源に立ち返り、

今は忘れてしまっているブループリント(青写真)を思い出し

本当はどう生きようと決めていたのか、宿命の自己へとシフトしていきます。

そして、

意図した未来へと、再び螺旋状に渦を巻いてエネルギーを動かして向かっていく

トルネードのような、エネルギーが動くヒーリングです。

このヒーリングを受けた方の中には、

・意識が宇宙へ飛んだり、

・過去生を再体験するビジョンを見たり、

また、ヒーリング後に船酔いのような状態になったりする方もいらっしゃいます。

感じ方にも個人差があります。

ヒーリングは、その方のタイミングで変化が訪れていきます。

即効性を求めるものではなく、魔法でもなく、

ただ自分にとって必要な変化が起きていくと私は感じています。

私は、ハワイ島でフィボナッチ音叉プロセスヒーリングを始めて受けたとき、何かビジョンを見たり、大きなエネルギーを感じるという事はありませんでした。

それよりも、何か大きな歯車が動き出したように感じたことを今でも覚えています。

ずっと止まっていた自分の中の何かが動き出したような。

止まっていた時計が動き出したような感覚でした。

そして、その歯車が回りだし私の人生は意図した方向へと動き出したのです。

フィボナッチ音叉プロセスヒーリングは、私の行うヒーリングセッションでもよく登場します。

関連記事