以前大好きな宮古島でダイビングを体験したことがありました。

ガスボンベを背負って海底へ潜っていく。。。

それが全然潜れずにすぐ浮いてしまって(笑)

その時にダイバーさんから言われたことがありました。

「天と繋がる人は潜りが下手なんですよね。潜れない。でも今日は海底へご案内しますよ。」

そういわれて「なんだそりゃ?(;´Д`)」と思った私です。

ダイバーさんにかじりつき海底へ降りたけれど、サンゴにかじりついて海底にいられた時間はほんのわずか、あっという間に海上へ浮き上がっていた私でした(笑)。

そのとても短い滞在だった海底での時間。

美しい景色が視界に広がりました。

色鮮やかな魚たち、透明度のある海水と海底の美しい景色。

見上げれば光が差し込む海面が見えて、心が躍りました。

その体験を通して宇宙が伝えてきたこと。

私たちは宇宙にいた時、地球の景色を上から眺め降りていきたいと切望していたと。

生まれてきて「こんなはずじゃなかったと。」思うことも宇宙にいた時には切望していたことなのだと。

そして、地球と言う世界での時間は期限があって時間が来ると私が海底から海上へ浮き上がっていったように宇宙へと引き上げられ戻っていくのだと。

そう言われて、浦島太郎を思い出した。

竜宮城での時間は、地上での時間の流れと違い玉手箱を開けた途端、老人になった浦島太郎。

いつか地上での旅路を終えて帰還する宇宙。

宇宙と地球での時間の流れは違っていて、もしかしたら宇宙で昼寝していた時間の流れが地上での一生なのかもしれない♡

地球での時間は、どれだけ貴重な時間なのだろうか。

今、この時に生まれてこれたことが奇跡なのだと感じる。

思う存分楽しんで、私は宇宙へ帰還する。

帰還するときは、兄の時と同じようにUFOが迎えに来ると思っている私です。

( ´艸`)♡

● 5/7満月一斉遠隔ヒーリングやります!
(お申込み締切:5月4日 18時)↓

●現在セッションは、ズームオンラインと遠隔ヒーリングのみ♪