子供のころの自分を癒す

前回の記事でも書いた「怒り」の感情について、今回は少し書いてみます。

GW中、ある出来事があり、久しぶりにものすごく感情的になりました。

どのような感情かと言いますと、「怒り」ですね。

それで怒りの感情をよーく感じてみたのです。

身体が震えるほど「怒っている」自分がいましたが、しばらくすると落ち着いて「怒り」のボルテージが収まってきました。

感情の解放のアプローチはいろいろありますが、今回はひたすら感情を感じきる方法をとってみたのです。

感情が落ち着いてきたところで、「なぜこんなに感情的になったのか?」を見つめていきました。

はい。ヒーラーですが心理カウンセラーでもあるので自己観察オタクです。(笑)

チャンスとばかりに、自分で自分に問いかけをしながらセルフカウンセリングを進めていきました。

すると抵抗が出てきたので、2日ほど時間をおいてから再度トライ。

今回感じた「怒り」を持った子供のころの自分にアクセスできたのです。

アクセスしている領域は、マトリックスフィールド☆(潜在意識~超意識の間くらい)

セッションでは、お客様をこのフィールドへご案内してエネルギーワークや感情解放を行うこともあります。

話は戻って、

マトリックスフィールドで対面した子供のころの自分とセラピーをしながら対話していくと、沢山の思いが溢れてきて驚きました。

こんなに小さな子供(自分)なのに、こんなに気を使って疲れ切っているのです。

対話を重ねながら子供のころの自分のエネルギー解放を続けていきました。

そして、私自身の癒しでもあるのでダイレクトに気づいてくることがあったんですね。

それはGW中に起きた出来事は、子供のころの自分の姿でもあったのだと。

そして、子供のころから持っていたもう手放していいエネルギーを解放するために今回目の前に現象として現れたのだと気づいたのです。

子供のころから心の奥底に持ち続けていた思い。

沢山ありますけれど、その中でも今解放する時期にきたものが上がってきて解放されていったのです。

ホームランを打ったことはありませんが、

なんだかホームランをかっ飛ばしたようなスッキリ感が解放後に訪れました。

「あ~スッキリした~~!!」って気分で心と身体が軽くなりました。 ( *´艸`)

私も人間ですので、こうやって自分を見つめながら自分の癒しを日々行っています。

そして思うのです。

カウンセリングやセラピーってポパイのほうれん草みたいだな~って( ´艸`)♪

もうね、癒しが起きると心から元気出て来るんですよ!

重たいエネルギーが自分の中から解放されて軽くなるから、心も身体も軽くなる。

この重たいエネルギーは地球でなきゃ持てないエネルギーです。

地球に生まれた理由の一つは、この重たいエネルギーを体験すること。

「えー、嘘でしょ?」って思うけど、自分で生まれる前に決めて来てますから。

地球で体験したことを踏まえて、そこから自分は何を感じ学べたのか?

それが魂磨きなのかと思うのです。

宇宙へ戻ったら、この嫌な感じのエネルギー(波動の低い)は体験できないそうです。

「もう嫌だーこんな体験!」って顕在意識で思っちゃうけれど、

今しかできない経験なのだと思えると視点を変えて見れるから不思議。

カウンセリングとセラピーで感情の解放をしながら、気づきと癒しで波動を上げて

この地球ワンダーランド楽しんでいきませんか?

前回の記事はこちら♪