家系で受け継がれるもの

ヒーリングセッション(対面・オンライン)をずっと行ってきて思うことがあります。

それは、家系で受け継がれてきているものがあるということ。

例えば、お料理の味付け、掃除の仕方、食べ方、生き方、ものの考え方など。

親は子供に、家系で受け継がれてきたものをプリンティングしていく。

子供はとても繊細。

大人になっても「こころ」は繊細です。

子供のころは、薄い繊細なガラス細工のような「こころ」かもしれない。

生まれてきたこの世界に適応しようと子供の時は一生懸命に親や周りの大人から言われることを聞いていきますよね。

そして、

一生懸命やっても、周りが望む結果を出せないときがある。

納得してくれないことがある。

そんな時に親や周りの大人が見せた表情や言葉を子供は繊細に受け取ります。

大人になった今でも、時折、子供時代に言われた親や大人からの言葉や表情を思い出すことってあるのではないでしょうか?

年月を経ても自分の中には、傷ついたり、泣いている子供の「私」がいます。

その「私」に向き合う一つの方法がカウンセリングだったりします。

親は子へ、その子はまたその子供へ、受け継がれてきたものを伝えていきます。

その脈々と受け継がれてきたものの中で、

受け継いだ自分が何か違和感を感じ、見つめていこうと思ったときに家系ヒーリングが始まっていきます。

自分が傷ついたように、悲しんだのと同じように、家系の中にも自分と同じ人がいたかもしれない。

自分が癒されるだけでも、家系全体をヒーリングすることになっていきます。

時には、何度も何度も繰り返してヒーリングしていくことになりますが、

ヒーリングを受けたご自身の「こころ」が軽くなった時、

先祖に対してもヒーリングが伝わっていきます。

ここからは、夢物語と思って読んでください。(^_-)-☆

あなたは、この家系に生まれてくると決めて生まれてきました。

そして、家系をヒーリングする役目を引き受けてきました。

繊細な「こころ」が時には壊れそうになったかもしれないけれど、

その体験があったからこそ今の自分があります。

そして、役目を果たす時がやってくる。

命のリレーで脈々と続いてきた家系を癒せるのは、その家系に生まれてきた人ができること。

そして、癒しが起きると先祖にも癒しが起きていく。

もしお子さんがいらっしゃるのであれば、子や孫にもその癒しのエネルギーが届いていきます。

カウンセリングで心のケアをしながら、

セラピーを通してエネルギーワークをしたり、
ヒーリングエネルギーを受け取っていくことで、

「癒し」の波動が時空を超えて家系にも届いていきます。

波動=周波数=エネルギーは、時空を超えていく

●【セッションについてはこちらから
(現在、対面セッションはお休み中です。)

【お客様のご感想アップしました♪】↓