10月1日からエンジンがかかって、深く内観をすることや源のエネルギーと繋がることを意識的に毎日続けています。

今、これが一番自分に対してやりたいことなんです。

やっていたら、大きな気づきと思いのエネルギー解放が訪れたので書いてみようと思います。

それにしても、こんなに自分自身を見つめて深く内観をするのは、2012年イギリスで心理学の学びをしていた時以来かもしれません。

普段から自分を見つめることはしているのですが、今は特に心理的に深いところを掘りながら見ていっているのです。

それって例えば、子供のころからずっと握りしめている思いであったり、長年自分の中にある思いを見つめる作業だったりします。

その思いを持っていて私は心地いいのか?

心地よくないものならば、なぜずっとその思いを持っているのか?

こんな感じで、自分に問いかけながら自分の内側、本当の思いを玉ねぎの皮をむくように見ていくんです。

実は、普段のセッションで行っているカウンセリングでも行っていることなんですね。

それを自分に深く行っているところです。

自分のことって一番よくわからない。
人のことは良く見えるのに、自分のこととなるとよくわからない。

セッションをしていてよくいただくお声です。

私も自分の内側を見ていくことが最初は上手くいきませんでした。
なぜならば、思考がとてもパワフルだから、自分の本心がすぐに思考によってかき消されちゃったりするんですね。

ですから、イギリスで自分の内側を見ていくことを始めたときは、授業中にカウンセラー役のクラスメートのサポートを受けながら自分の内側を見ていく作業をして、授業が終わってからは自分で自分の内側を見ていく作業を毎日ひたすら行っていったわけです。

当時は、カウンセラーになるための授業で毎日必須時間でしたので、やらないわけにはいかなかったのですが(笑)、心が軽くなっていくのを実感できることが楽しかったので明けても暮れても内観一筋みたいな時間を過ごしていたのです。

それ以来、自分を見つめることは歯を磨くことと同じくらい日課となり、今でも毎日続けているんですね。

自分の中にはいろいろな思いが蓄積されています。
それが悪いものじゃない。
でも、その思いを持っていなかったら心地いいと感じるのであれば、見ていく価値はある。

そう思うのです。

なんでもかんでも掘り下げていくのではなくて、見ていこうと思えた時がタイミング。

前置きが長くなりましたが、(笑)

こんな感じで深く自分を見つめて一か月経ったある日に、大きな気づきがやってきました。

それは、子供のころからずっと持っていた思いだったのですけれど、

ある出来事が起きて長年の思いを潔く手放そうと思えて「解放」することができたんです。

いつもだったら同じような出来事に対してイライラしたり、怒りを持ったりしていたのですが、その時は「いつもと自分の感じ方が違う。」って思えたんです。

イライラや怒りが出てこなかったんです。

そうしたら全ては自分自身が作り出している「思いや感情」であって、長年ずっとそうやって心地よくない状態に自分でしていたのだと、気づきが訪れてきたんです。

長年ずっとそうやってきたからこそ、手放せたのかもしれません。
変な話、やり切った感が満載なのです(笑)
だからこそ、このタイミングで自分を不快にしていた思いを手放せたのだと思います。

全ては自分一人でやっているのです。

自分で作っていたものなら、自分で変えていけばいい☆

そう思えて、長年持ち続けていた思いを手放そうって思えたんです。

さらに、いつもだったらイライラしたり怒りを感じていた出来事に対して感謝する自分が現れました。

どんな感謝かと言うと、
いつもいつもそうやって感情を揺さぶってくれて、気づきの時間をくれていたんだな~って思えて、それがやっと数十年経って、今ようやく気づけて思いを手放せたのだと思えてものすごく起きた出来事に対して感謝の気持ちでいっぱいになったんです。

そして、
長年持っていた自分の深ーい思いでもあったから、その思いに対してこう言いました。

「今までずっと一緒にいてくれてありがとう。大きな気づきが訪れて、もうこの思いは手放そうと思えたの。どうもありがとう。」

そして、あるイメージをしてその思いにサヨナラができました。

その時は嫌な感じはなくて、ずっと持っていた思いに対しても、出来事に関しても、登場人物に対しても感謝しかない。

すがすがしい「長年の思い」の解放でした。

こういうことって、一人でやるときは意識的に自分を見ていくと決めて見ていかないとなかなか気づけないことだったりするんですね。

思いもエネルギーなので、特に長年持ち続けてきた思いのエネルギーは大きくて、手放したら心と体までも軽くなりました。

自分を見つめていくことで、玉ねぎの皮をむくようにエネルギー解放が進んでいって、ある日突然大きな気づきが訪れてくる。

自分を見つめることもエネルギーワークだったりするのです。
だから、解放が起きてくる。

自分を見つめることって、自分自身であるっていうこと。

人目を気にしたり、常識に縛られたり、自分の信念(こうしなければいけない。という思いなど)に縛られて身動き取れない自分じゃなくて、

もう忘れちゃったかもしれないけれど、生まれた時の赤ちゃんだった素の自分。

ありのままの素の自分を玉ねぎの皮をむくように、幾重にもかぶせてしまった皮をむきながら、ひたすら自分を見ていくと、自分自身がしっかり核にいることに気が付ける。

その自分自身を、私は本質の自分と呼んでいます。

私がヒーリングセッションを通して、届けたいと思っていることの一つが、本質の自分に気づいていただくこと。

これに気づけたら人生最強です。

セッションでは、
カウンセリングで心のケアをしながら自分の内側を見ていくこと。そして、ありたい自分を意図すること。そして、ヒーリングで宇宙と繋がり意図に向かってエネルギーを動かしていくことを行っています。

初めての方は、対面もしくはZOOMオンラインの体験セッションから♬
https://ookuranomori.com/session/

来週11月14~15日、いよいよ大阪でのコラボセッション♬
ピンと来た方のご参加お待ちしています。
お問い合わせからでもお気軽にメッセージくださいね(#^.^#)

ヒーリングサロンおお藏の杜
ヒーリングサロンおお藏の杜
鎌倉にある隠れ家サロン