強風と龍が舞う空模様

朝から風が吹き荒れる中、お正月飾りを納めに近所の氏神様へと向かいました。

辿り着いた境内は砂埃と木々から落ちた枝や葉で凄い状態でした。

古神札所へ納めた後、本殿へと階段を上がっていくと風は更に強くなっていきました。

天気がいいのに台風並みの風が吹いてくる。

本殿へ着くと視界が広がり、思った通り見上げた空には巨大な龍がいました。

暫くその龍と対話していると急に風が弱くなり、階段を降りて家路に着きました。

家に着くと再び風が強くなったので外を見ると、今度は黒龍が目に入って来ました。

どうやら今日は龍の移動日のようですね。

奇しくも非常事態宣言が出された日。

人間界は騒がしくとも、目に見えない世界では広域な浄化を試みているようでした。

対話した巨大な龍は爺さまでしたが、龍たちが移動しやすいように風を操り交通整理しているお巡りさんのようでしたね。

今日は龍の爺さまに「風」について教えてもらった感じです。

思いもしない「風」が吹いても、心と波動・周波数・エネルギーを整えておけば風にも乗れ、風の後押しも受けて進んでいかれる。たとえ正面から風が吹いてきても、風を悪いものと思わず、強力な浄化のサポートをしてくれていると感謝して進んでいけばいいようです。

全ては何をどう捉えるかですね。

今年は自分の波動・周波数・エネルギーを整えることに意識を強く持つことがテーマとなりそうな一年です。これによって心の状態、ものごとの捉え方が生きやすく変化していく。つまりは、自分に集中するということですね。