フィボナッチ音叉プロセスヒーリング

今、HPに載せているセッションは2つです。

・体験セッション90分(対面もしくはZOOMオンライン、Lineビデオ通話)

・遠隔ヒーリング40分(メールだけのやりとり)

体験セッションは、初めて高梨万規子のセッションを受けてくださる方向けに90分というお時間の枠の中でお届けしています。

お悩みやご要望をカウンセリングでお伺いして、施術内容をカスタマイズしてご提案し、ご体験いただきます。

その体験セッションの中で「フィボナッチ音叉プロセスヒーリング」を行うこともしてきたのですが、最近90分という時間枠で初めての方にお届けすることの難しさを感じていました。

何事もやってみて気づけることで、気づけたことは改良点として反映していこうと思います。

フィボナッチ音叉プロセスヒーリングは、大きな大きなエネルギーが動いていくものです。

カウンセリングも時間をしっかり取りながら意図設定をして行っていくことで、よりお客様にとって必要なヒーリングが起き、意図に向かってエネルギーが動いていくと実感しました。

フィボナッチ音叉プロセスヒーリングで使う9本の音叉


そして、先日の大阪で行った個人セッションのフィボナッチ音叉プロセスヒーリングでもカウンセリングの時点から大きなヒーリングが起き、心のケアをしながら行わせていただく時間を過ごし、結果としてお客様にご満足いただける内容となりました。

お客様を通して、セッションの在り方を学べることに感謝です。

ということで、

今後体験セッションでは、フィボナッチ音叉プロセスヒーリングを行うことはせず、

初めての方も含め、「フィボナッチ音叉プロセスヒーリング」をご希望される方は、別メニューで対応してまいります。

ご希望される方は、お問合せフォームよりメッセージください。

料金・時間については、下記にリンクを貼りました【お知らせ】セッションについて(ご一読願います)の記事にてご案内しています。

体験セッションでフィボナッチ音叉プロセスヒーリングを受けてみたいとお問い合わせも沢山いただいておりましたが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

私もかつて初めてヒーリングを受けに行くときはドキドキでした。

受けたいな♡と思ったヒーラーさんやセラピストさんのHPやブログをずーっと読んで、考えて、それから心を決めて受けに行く。。。そんな感じだったのです。

そんな思いもあり高梨万規子のセッションを初めて受けてくださる方へ、体験セッション90分というメニューを作りました。

90分という時間枠でしっかりお話を伺い、セッションのご提案をしてご体験いただく♡

そして、いいな♬合うな♪と心地よくお感じいただけて、また受けてみたいと思ってくださった方へ本セッションや継続コースのご案内をさせていただいております。

今後、HPもわかりやすくしていこうと思っていますが、まずはブログにて今の気持ちをお伝えしました。

いつもありがとうございます(*^^*)

写真は、フィボナッチ音叉セットを上から撮影したものです。

音叉が立ててある木の土台は、螺旋状になっています。

この螺旋は、フィボナッチ数列で作られるこの世でもっとも美しい螺旋言われているものです。

この螺旋は自然界でよくみられます。

例えば、

松ぼっくりをよく見ると螺旋になっていますし、ひまわりの種もそうですね。

台風の雲の形も渦巻の螺旋です。

螺旋状に動いていくエネルギーは、トルネードのよう

フィボナッチ音叉プロセスヒーリングは、9本のフィボナッチ数列のオクターブで作られた音叉を奇経八脈にあてて行っていきます。

奇経八脈とは、身体の中に流れる大きな八本の氣の河と思ってください。


このヒーリングの特性は、

・時空を超える無限の領域までも癒しを届ける。

・肉体のヒーリング調整にも効果がある。

・意図した未来へと向かっていくエネルギーが動いていく。

大きなエネルギーが動きます

このヒーリングの特長は、

螺旋状にエネルギーが動きながら時空を超えて生命の源に立ち返り、

今は忘れてしまっているブループリント(青写真)を思い出し

本当はどう生きようと決めていたのか、宿命の自己へとシフトしていきます。

そして、

意図した未来へと、再び螺旋状に渦を巻いてエネルギーを動かして向かっていく

トルネードのような、エネルギーが動くヒーリングです。

このヒーリングを受けた方の中には、

・意識が宇宙へ飛んだり、

・過去生を再体験するビジョンを見たり、

また、ヒーリング後に船酔いのような状態になったりする方もいらっしゃいます。

感じ方にも個人差があります。

ヒーリングは、その方のタイミングで変化が訪れていきます。

即効性を求めるものではなく、魔法でもなく、

ただ自分にとって必要な変化が起きていくと私は感じています。

私は、ハワイ島でフィボナッチ音叉プロセスヒーリングを始めて受けたとき、何かビジョンを見たり、大きなエネルギーを感じるという事はありませんでした。

それよりも、何か大きな歯車が動き出したように感じたことを今でも覚えています。

ずっと止まっていた自分の中の何かが動き出したような。

止まっていた時計が動き出したような感覚でした。

そして、その歯車が回りだし私の人生は意図した方向へと動き出したのです。

フィボナッチ音叉プロセスヒーリングは、私の行うヒーリングセッションでもよく登場します。

関連記事

時々、思うのです。
なぜ、こんなにも音のヒーリングが好きなのかと。
今ではサロンにある音叉とシンギングボウルたちは、大切な仲間たちです。

直感を大切に

音叉というサウンドヒーリングを学びだした初期に、「フィボナッチ音叉」という文字を見ました。

それが何なのかも全く知らないのに、物凄くひきつけられて、寝ても覚めてもフィボナッチという言葉が脳裏に焼き付いて。

無性に学びたくなって、講義が開かれるハワイ島まで行ってしまった私です。

ハワイ島での音叉のクラスが始まり、初日に「惑星音叉セット」「フィボナッチ音叉セット」を受け取りました。

一本、一本、ビニール袋にパッケージされていて、袋から音叉を出すのが最初の作業でした。

今でもフィボナッチ音叉セットを手にした時の感動は忘れられません。

そして、

講義が進むにつれ、この音叉を使うフィボナッチ音叉プロセスヒーリングの時空を超えたストーリーと神秘性を知り、感動しながら学びを深めていきました。

内容が濃すぎて、自分の小さな脳ミソでは直ぐに理解不能なくらい、幾重にも叡智がブレンドされたようなヒーリングでした。

アトランティス時代に行われていたフィボナッチ音叉プロセスヒーリング。

音叉という音のヒーリングの歴史は長く、エジプトのピラミッドにも音叉が刻まれていることでも 古代から音叉が存在していたことがわかります。

(つづく)